LH受容体発現誘起処理による高発生能を有する体外成熟卵子の作出

keywords.jpg高度生殖補助医療,体外受精,体外成熟卵子 

島田 昌之 

MASAYUKI SHIMADA

division.jpg生物圏科学研究科 生物資源科学専攻 陸域動物生産学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

近年,有用な形質を持った家畜の創出や高度生殖補助医療において,体外受精が多く行われている。家畜の場合,卵巣卵子を体外で成熟させて使用しており,また,ヒトの場合にも,卵巣過剰刺激症候群の回避を目的として,未成熟卵子の体外成熟培養が行われている。しかし,その体外成熟卵子は,体外受精後の発生能が低いことから,体外成熟培養環境の改善が求められている。
 我々は,ブタをモデルとした実験において,卵胞から回収した直後の卵丘細胞にLH受容体が存在しないため,体外培養下における卵子成熟機構は体内と大きく異なっていること,その結果,成熟卵子の発生能が低いことを示した。更に,卵子の減数分裂再開を停止させた状態でFSH処理によりLH受容体を形成させる方法を考案し,この新規に形成されるLH受容体を一過的に刺激する体外成熟培養法が,卵子に高い発生能を獲得させることも明らかとした。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

今後,医療機関や企業等との実用化展開に向けた共同研究を行いたい。

本研究の特徴・優位性

この培養法を用いることにより,様々な動物種やヒトにおいて未成熟卵子の体外成熟培養が可能になると期待される。

お問い合わせ