無人航空機の利活用について

現在 広島大学に在籍していません
氏名 貞森 拓磨 | サダモリ タクマ 現在 広島大学に在籍していません

概要

【技術の概要】
広島大学救急集中治療医学教室では、これまで災害現場における ICT の利活用の研究を行ってきており、無人航空機の利活用もテーマの一つである。災害時における無人航空機の利活用や、また今年度総務省 SCOPE に採択された内容を提示する。
【従来技術・競合技術との比較】
無人航空機の機能は主に撮影や物資輸送などである。この限られた機能を、どういうシーンでどのように利活用するかが今後の課題となってくる。我々がこれまで行った主に災害現場での経験を提示し、今後の展望を示す。
【技術の特徴】
・災害時における無人航空機の利活用
・無人航空機を利用した医療過疎地域における緊急血液検体搬送の研究開発について
【想定される用途 】
・救急現場・災害現場・医療過疎地での無人航空機の利活用
お問合せ:
広島大学 産学・地域連携センター (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2019 - Hiroshima University. All Rights Reserved.