物理処理による表面が活性化した高性能繊維の実用化研究

概要

研究内容
カーボン繊維,アラミド繊維,ポリエステル繊維は,樹脂,ゴムなどマトリックス補強用繊維として有用であるが,これらの繊維は,表面が不活性であり,樹脂,ゴムなどのマトリックスに対して,必ずしも良好な接着性を示さない。良好な接着性は,性能の優れた複合材料に結びつく。これまで,表面活性化に対して,多くの研究例があるが,まだまだ不十分である。現在,表面活性化技術として,物理処理による活性化技術に着目し,研究を継続している。

産業界へのアピール

物理処理は,環境にも易しい処理方法であるといわれている。また,長繊維だけでなく,短繊維の活性化技術は,短繊維補強マトリックスに対しても,有用と考えられる

お問合せ:
広島大学 産学・地域連携センター (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2019 - Hiroshima University. All Rights Reserved.