身体性を考慮して感性的価値を高めるアシスト力設計技術

keywords.jpg 

栗田 雄一 

YUICHI KURITA

division.jpg工学研究院 電気電子システム数理部門 生体システム論研究室

position.jpg准教授

研究概要

研究の背景

【従来技術・競合技術との比較】
従来の運動アシスト強度は、運動を楽にすることを主眼として設計されている。しかし楽になることと、運動や操作がしやすくなることの間には、単純な相関関係は成立しない。楽にすることとうまくすることを同時に満たすアシスト強度設計論を導入することは、様々な製品の感性的価値を高めることに繋がる。

研究内容

体格や姿勢などの身体性は道具使用やアシスト力に対する人の主観的な感覚に大きく影響する。我々の技術は、手先の運動特性や筋負担の定量化を通じて、運動を楽にするだけでなく、運動がうまくなったり、操作しやすく感じたり、といった感性的価値を高めるプロダクトデザインに応用可能である。

成果

(研究内容の覧参照)

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

【想定される用途】
・適切な筋力補助により人の感覚運動機能を向上させる運動補助スーツ
・自分が操作している感覚を維持できる自動車や車いす等の電動アシスト強度設計
・モバイルデバイス等の操作性を高めるフィードバック強度設計

本研究の特徴・優位性

【新技術の特徴】
・体格や姿勢などの身体性を考慮した手先運動の得意・不得意(手先操作性)を可視化・定量化
・身体性に基づく筋負担感の定量化
・手先操作性や筋負担感に基づくアシスト強度設計技術

お問い合わせ