放射性セシウムの移行、除染と汚染米発現の機構

keywords.jpg環境放射能,福島第一原子力発電所事故 

中島 覚 

SATORU NAKASHIMA

division.jpg自然科学研究支援開発センター アイソトープ総合部門

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

放射線施設の教員として環境中の放射性物質の研究を進めてきた。東京電力福島第一原子力発電所事故により、人工放射性核種が環境中に放出された。この放射性核種の環境中での移行を明らかにし、人体への取込みを避けることは、外部被ばくだけでなく内部被ばくの低減を図ることにつながる。

研究内容

・文献データを用いて、放射性セシウム、ストロンチウムの環境中での移行について解析する。
・汚染土壌から放射性セシウムの除染を行う。
・水田中の放射性核種の量と米への移行の関係を明らかにし、汚染米発現の機構を明らかにする。

成果

日本放射線安全管理学会などで報告

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。

本研究の特徴・優位性

放射性核種の移行、除染、機構解明等、総合的にアプローチしている。
URL 放射線反応化学研究室http://home.hiroshima-u.ac.jp/radichem/ 

お問い合わせ