ニューロステロイド合成を指標とした外来性物質の脳への影響評価

大学院統合生命科学研究科 山崎 岳 教授

概要

研究内容
微量の外来性化学物質(環境ホルモン物質等のホルモン物質)による脳への影響を,ラットのニューロステロイド合成の撹乱という指標で,高感度で再現性良く測定する。従来,微量の化学物質の脳への影響を測定するには,ラットやマウスの行動実験などにより,異常を測定するのが定法であった。しかしこの手法は感度も再現性も悪く,高度なテクニックが必要である。
 当研究室では,環境に存在する程度の微量の化学物質による脳への影響を,ラット脳へのニューロステロイド合成酵素のmRNA(メッセンジャーリボ核酸)量の測定という手法で,高感度,高精度で定量する手法を開発した。
<用語説明>ニューロステロイド:脳の中で作られる男性・女性ホルモン等のステロイドホルモン物質

お問合せ:
広島大学 産学・地域連携センター (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2019 - Hiroshima University. All Rights Reserved.