未利用リン資源である亜リン酸をリン源とする選択的培養方法

keywords.jpg亜リン酸 

黒田 章夫 

AKIO KURODA

division.jpg先端物質科学研究科 分子生命機能科学専攻 細胞工学研究室

position.jpg教授

研究概要

研究内容

多くの生物は還元型のリン酸である亜リン酸を直接利用できない。我々は亜リン酸を酸化してリン酸にする特殊なバクテリアから、亜リン酸酸化酵素をクローニングした。この遺伝子を異種生物(微生物、植物)に導入したところ、亜リン酸をリン源とする選択培地で生育が確認できた。

成果

抗生物質による選択培養は、大量になるとコストだけでなく、目的物質の精製プロセスや廃液処理においても問題を生じることから、実用規模では特に難しいとされている。本技術では、亜リン酸をリン源とし、亜リン酸酸化酵素を選択マーカーとして用いることで、この問題を解決するものである。亜リン酸酸化酵素遺伝子を異種生物(微生物、植物)に導入したところ、亜リン酸をリン源とする選択培地で生育が確認できた。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

微生物大量培養、植物の選択培養、栽培

本研究の特徴・優位性

抗生物質による選択培養は、大量になるとコストだけでなく、目的物質の精製プロセスや廃液処理においても問題を生じることから、実用規模では特に難しい。本技術では、亜リン酸をリン源とする培養において、この問題を解決するものである。

お問い合わせ