ノロウイルスを含む多くのウイルスを使用した抗ウイルス試験

keywords.jpg抗ウイルス,ウイルス不活化,試験 

坂口 剛正 

TAKEMASA SAKAGUCHI

division.jpg医歯薬保健学研究院 基礎生命科学部門 ウイルス学

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

研究としてウイルスを扱うノウハウを持っていたので、これを活かして、いろいろな試薬などの抗ウイルス試験を行う。

研究内容

対象とするウイルスとして、ヒトノロウイルス代替ウイルスのネズミノロウイルス、ネコカリシウイルス、ヒト型インフルエンザウイルス、鳥型インフルエンザウイルス(弱毒株に限る)、ヒトRSウイルス、単純ヘルペス1型、ヒト免疫不全ウイルス、B型肝炎ウイルス、ポリオウイルス、コクサッキーウイルス、アデノウイルス、ロタウイルス、センダイウイルス、ニューカッスル病ウイルス、水疱性口内炎ウイルスの試験を行うことが可能である。方法としては、TCID50法、免疫染色による感染フォーカスアッセイ、リアルタイムPCR等でウイルス感染価あるいはウイルスゲノム量を測定し、試薬処理で感染価が低下するかどうか、すわなちウイルスが不活化したかどうかを判定する。

成果

植物由来タンニン(柿渋など)、無添加石けん、Etakおよびその加工物、高マンノースレクチンなどで抗ウイルス能を検出した。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究が可能である。試験内容、技術的課題についてのコンサルティングも可能である。

本研究の特徴・優位性

広い範囲のウイルスに対して、ウイルスの生き死に(不活化)で効果を検証できることが特徴である。

detailsubtitle3.jpg

特許
【柿渋】
特許第5421901号
発明の名称:エンテロウイルス属の非エンベロープに対する抗ウイルス剤および抗ウイルス用組成物
出願番号:特願2010-505931

【Etak】
特許第4848484号
発明の名称:ケイ素含有化合物を含む抗菌剤組成物、並びに抗菌化方法、洗浄・洗口方法及び抗菌剤固定化方法
出願番号:特願2010-543968
特許第4830075号
発明の名称:ケイ素含有化合物を含む抗ウイルス剤組成物、及び抗ウイルス剤固定化方法
出願番号:特願2011-008174

【無添加石けん】
国際出願番号:PCT/JP2010/056879 発明の名称「抗ウイルス剤及び洗浄剤」
ロシア出願番号: 20111146534 特許番号:2491929
中国出願番号:201080016783.2 特許番号:ZL201080016783.2
韓国出願番号:2011-7024542 特許承認 H26.5.20
日本国内移行(平成23年10月13日付)特願2011-509373 申請中

お問い合わせ