肺線維症における骨髄由来細胞の役割

keywords.jpg間質性肺炎, 肺線維症, 骨髄, 骨髄移植 

中島 拓 

TAKU NAKASHIMA

division.jpg病院 呼吸器内科

position.jpg病院助教

研究概要

研究の背景

肺線維症は,有効な治療法がなく生命予後の著しく不良な疾患であり,今日に至るまでそのメカニズムは不明である。
肺線維症において,骨髄より肺に細胞が動員されることが知られており,私達はマウス肺線維症モデルを用いて、骨髄細胞が肺線維症の病態に関与することを報告し、肺線維症における骨髄細胞の重要性を指摘してきた.
しかし,肺線維症の有無で骨髄細胞の性質が変化するか否かは明らかにされておらず,本検討を行った.

研究内容

GFPマウスをドナー,野生型マウスをレシピエントとした骨髄移植を行い,骨髄の細胞のみにGFPの蛍光を発色するGFPキメラマウスを作成した (図).
得られたGFPキメラマウスにブレオマイシンを投与することで肺線維症を誘導し,骨髄より肺に遊走した細胞の形質をコントロール (ブレオマイシンでなく食塩水を投与)と比較し調査した.

成果

肺線維症下に,骨髄より肺に遊走する細胞群はマクロファージ/樹状細胞の系統であり, コントロールと比較してブレオマイシン投与群では遊走細胞が肺に存在する繊維芽細胞を活性化し,線維化を増強させることをin vivo, in vitro双方で確認した.

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

現在得られた知見はマウスにおいてのみ観察されるが,ヒトで同様の現象が確認されるか否かを明らかにする必要がある.
ヒトにおいても同様のメカニズムが確認されれば,治療法の乏しい肺線維症における治療標的となり得る可能性がある.

本研究の特徴・優位性

肺線維症の研究においては,肺に局在する細胞に焦点を当てたものがほとんどであり,骨髄由来細胞に着目した本研究は独創性が高い.

detailsubtitle3.jpg

論文:
1) Nakashima T, Liu T, Yu H et al. Lung Bone Marrow-Derived Hematopoietic
Progenitor Cells Enhance Pulmonary Fibrosis. Am J Respir Crit Care Med 188:
976-84, 2013.
2) Ding L, Dolgachev V, Nakashima T et al. Essential role of stem cell
factor-c-Kit signalling pathway in bleomycin-induced pulmonary fibrosis. J
Pathol 230: 205-14, 2013.
受賞:
PAR Travel Award
American Thoracic society international Conference 2008 (2008, Toronto,
Canada)
Suppressor of cytokine signaling1 inhibits pulmonary inflammation and
fibrosis in mice

お問い合わせ