前立腺癌の進行に関与するFGF-FGFRシグナルの分子機構解明と新たな治療戦略確立

keywords.jpgFGF,FGFR,前立腺癌 

松原 昭郎 

AKIO MATSUBARA

division.jpg医歯薬保健学研究院 統合健康科学部門

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

FGF-FGFRシグナルは、前立腺組織の上皮間質相互作用において重要な役割を果たしていることが知られており、この破綻が組織の恒常性維持に支障をきたし、癌化につながると考えられている。その中でも、FGF7-FGFR2IIIbシグナルが代表的であり、前立腺癌細胞においてはこのFGFR2IIIb の異常が報告されている。また、前立腺癌の転移巣形成においては、間葉系組織において高発現が認められるFGF9が関与していることが報告されている。
我々の研究室では、このFGF9、FGFR2IIIbに注目し、前立腺癌の進展における分子機構を解明する目的で以下の研究計画を着想するに至った。

研究内容

1)前立腺癌細胞におけるFGFR2IIIb発現回復による、細胞増殖、アポトーシス、間葉上皮移行、化学療法ならびに放射線感受性への効果を解析する。
2)前立腺癌細胞におけるFGF9刺激による、細胞増殖、浸潤能、上皮間葉移行への効果を明らかにする。
3)前立腺癌組織におけるFGF9、FGFR2IIIbの発現を解析し、臨床病理学的所見の関連について明らかにする。

成果

前立腺癌細胞にFGFR2IIIbの発現を回復することにより、細胞増殖の抑制、アポトーシスの促進、間葉上皮移行の促進、化学療法ならびに放射線感受性の増強効果を認めた。
前立腺癌細胞をFGF9で刺激することにより、細胞増殖、浸潤の促進、上皮間葉移行の促進が認められた。
前立腺癌組織におけるFGF9の発現は、術後生化学的再発の予測因子となった。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

FGFR2IIIb、FGF9は去勢抵抗性前立腺癌の新たな治療標的となる可能性がある。
FGF9は術後生化学的再発の予測因子、FGFR2IIIbは化学療法や放射線療法の効果予測因子となる可能性がある。

本研究の特徴・優位性

FGFR2IIIb、FGF9は去勢抵抗性前立腺癌の新たな治療標的となる可能性がある。
FGF9は術後生化学的再発の予測因子、FGFR2IIIbは化学療法や放射線療法の効果予測因子となる可能性がある。

detailsubtitle3.jpg

Teishima J, Yano S, Shoji K, Hayashi T, Goto K, Kitano H, Oka K, Nagamatsu H, Matsubara A. Accumulation of FGF9 in prostate cancer correlates with epithelial-to-mesenchymal transition and induction of VEGF-A expression. Anticancer Res. 2014 Feb;34(2):695-700.

Shoji K, Teishima J, Hayashi T, Ohara S, Mckeehan WL, Matsubara A.Restoration of fibroblast growth factor receptor 2IIIb enhances the chemosensitivity of human prostate cancer cells. Oncol Rep. 2014 Jul;32(1):65-70.

Teishima J, Shoji K, Hayashi T, Miyamoto K, Ohara S, Matsubara A. Relationship between the localization of fibroblast growth factor 9 in prostate cancer cells and postoperative recurrence. Prostate Cancer Prostatic Dis. 2012 Mar;15(1):8-14.

Matsubara A, Teishima J, Mirkhat S, Yasumoto H, Mochizuki H, Seki M, Mutaguchi K, Mckeehan WL, Usui T. Restoration of FGF receptor type 2 enhances radiosensitivity of hormone-refractory human prostate carcinoma PC-3 cells. Anticancer Res. 2008 Jul-Aug;28(4B):2141-6.

Yasumoto H, Matsubara A, Mutaguchi K, Usui T, McKeehan WL. Restoration of fibroblast growth factor receptor2 suppresses growth and tumorigenicity of malignant human prostate carcinoma PC-3 cells. Prostate. 2004 Nov 1;61(3):236-42.

Matsubara A, Yasumoto H, Usui T. Hormone Refractory Prostate Cancer and Fibroblast Growth Factor Receptor. Breast Cancer. 1999 Oct 25;6(4):320-324.

Matsubara A, Kan M, Feng S, McKeehan WL. Inhibition of growth of malignant rat prostate tumor cells by restoration of fibroblast growth factor receptor 2. Cancer Res. 1998 Apr 1;58(7):1509-14.

Feng S, Wang F, Matsubara A, Kan M, McKeehan WL. Fibroblast growth factor receptor 2 limits and receptor 1 accelerates tumorigenicity of prostate epithelial cells. Cancer Res. 1997 Dec 1;57(23):5369-78.

お問い合わせ