顎関節機能模型の製作

keywords.jpg顎関節,模型 

里田 隆博 

TAKAHIRO SATODA

division.jpg医歯薬保健学研究院 統合健康科学部門

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

顎関節は,関節炎版を持つ特殊な関節で,上関節腔ど下関節腔があります.上関節腔は関節円板の滑走運動に関与し,下関節腔は関節頭の回転運動に関与します.この運動のわかりやすい模型は今までにはなく,教育用としてはいいものがなかった.

研究内容

今回,約2倍大の模型を製作して,あごの動きを再現した.外側靭帯を鉄板で制作して,外側翼突筋の収縮を表すレバーと,舌骨上筋群・舌骨下筋群の収縮を表すレバーの二つのレバーを使うことにより,あごの動きを再現した.外側翼突筋の収縮を現るレバーにおり,下顎は前方滑走運動をする.もう一つのレバーにより,下顎は単なる蝶番運動をする.この両レバーの動きにより,あごの動きを再現できたと同時に,下顎切歯の軌跡のポッセルトのフィギュアも再現できた.

成果

この模型により,顎運動の再現ができたことにより,学生の理解度が高まり.大きな教育的効果があった.今までにない模型であり,非常に有用であると考えられる.

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

本模型は,非常に複雑であり,製作が難しい.

本研究の特徴・優位性

本模型が商品となった場合,歯科大学,歯科技工士学校,歯科衛生士学校などの学校が購入の可能性がある.

detailsubtitle3.jpg

なし

お問い合わせ