血液粘度の推定方法、血液粘度比の推定方法、血液粘度モニタリング装置、および血液粘度比モニタリング装置

現在 広島大学に在籍していません
氏名 末田 泰二郎 | スエダ タイジロウ 現在 広島大学に在籍していません

概要

研究内容
人工肺の入口圧力と出口圧力測定装置と血液の流量を測定する流量測定装置とヘマトクリットを測定する装置から、連続的に人工肺の前後の血液粘度を測定する。

研究の背景について
血液粘度が上昇すると、人工心肺では人工肺の目詰まり、透析回路では血液ろ過装置の目詰まりを起こす。血液粘度を非観血的に測定する方法を考案したので特許を申請した。

研究成果について
本発明に係る血液粘度比の推定方法では、血液粘度に加えてヘマトクリット値と血液温度を測定することで継続的に血液粘度を測定することができる。血液凝固の判断材料として用い得る血液粘度と性状血液粘度との火を継続的に測定できる利点がある。

産業界へのアピール

人工心肺中の血液粘度を測定する機器はいままでない。

備考

特願2009-194848

共同研究者
黒崎達也(広島大学)、二宮伸治(広島国際大学)、徳嶺朝子

お問合せ:
広島大学 産学・地域連携センター (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2019 - Hiroshima University. All Rights Reserved.