情報科学と社会科学の融合

keywords.jpg 

原田 隆 

TAKASHI HARADA

division.jpg社会科学研究科 マネジメント専攻 会計・情報講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

 はじめに私の研究について述べます。社会や産業が抱えている様々な問題,例えば,有効な情報共有や合意形成の方法,資源の効率的利用などについて,コンピュータや情報ネットワークを使って解決する手法を明らかにすることが研究の目標です。現在は特に分散型コンピュータシステムに興味を持っています。分散型コンピュータシステムとは,ネットワークで接続された複数のコンピュータが互いに協調・競合しながら全体として一つの処理を進めてゆくシステムです。インターネットに代表される情報通信技術の発展により,そのようなシステムを構築することは容易
になりつつありますが,システムを矛盾なく,かつ効率的に動作させるにはまだ多くの課題があり,それらを解決する手法を研究しています。
 一方,研究指導については,より幅広いものとなっています。情報科学がメインテーマである必要はなく,社会科学的な問題を情報という視点から解決したいという方をサポートしたいと思っています。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

テーマ ●分散型コンピュータシステムに関する研究
    ●インターネット上でのサーバの構築・運用
    ●組織や社会の活動を支えるシステムへのインターネット技術の応用
    ●情報システムやネットワークシステムのセキュリティ対策
社会科学的な問題を情報という観点から解決したい方をサポートしたいと思っています。

detailsubtitle3.jpg

● T. Harada and M. Yamashita, "Transversal Merge Operation; A Nondominated Coterie Construction Method for Distributed Mutual Exclusion," IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, Vol.16, No.2, 183-192, 2005.
● T. Harada and M. Yamashita, "k-Coteries for Tolerating Network 2-Partition," IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, Vol.15, No.7, 666-672, 2004
● T. Harada and M. Yamashita, "Coterie Join Operation and Tree Structured k-Coteries," IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, Vol.12, No.9, 865-874, 2001.
● T. Harada and M. Yamashita, "Improving the Availability of Mutual Exclusion Systems on Incomplete Networks," IEEE Transactions on Computers, Vol.48, No.7, 744-747, 1999.

お問い合わせ