海洋生物由来の有用生理活性物質の生産に関する研究

keywords.jpg海洋生理活性物質,フグ毒,テトロドトキシン,紐形動物,マリンバイオテクノロジー 

浅川 学 

MANABU ASAKAWA

division.jpg生物圏科学研究科 生物機能開発学専攻 食資源科学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

(1) 海藻を対象にした魚類寄生虫であるカリグス科とその近縁種のカイアシ類に対する駆虫活性のスクリーニングと新たなフグ類をはじめとする魚類寄生虫駆虫剤の開発研究
(2) カキ貝殻に多量に付着する紐形動物が、極めて高い濃度のフグ毒テトロドトキシン(TTX)を含有することを明らかにした。(これは,可食部分には存在しないので,食用には何ら問題ない。)このTTXは,強力な神経毒である反面,ナトリウムチャンネルブロッカーとして生理学・薬理学などの分野において試薬として汎用されている。
我々は,この紐形動物の腸管内にいると推定されるフグ毒産生微生物を同定・単離し,大量培養によるTTX生産法の開発を目指している。これにより試薬としてのTTXの供給が可能になるとともに,TTX抗体作成(TTX検出試薬やフグ中毒治療薬としての利用)の道が開かれるなど,医学・薬学・免疫学の方面にも応用が期待できる。また,廃棄物有効利用の観点からみると,カキ養殖産業への貢献も期待できる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

1.この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。

2.知見の提供,調査が可能である。

3.このテーマに関する講演,助言などが可能である。

4.本研究の適用・応用について共同研究を希望する
応用分野
水産養殖、医学、薬学

本研究の特徴・優位性

海洋生物からの有用物質の探索研究

detailsubtitle3.jpg

Paralytic toxixity of in the ribbon worm Cephalothrix species (Nemertea) in Hiroshima Bay, Hiroshima Prefecture, Japan and the isolation of tetrodotoxin as a main component of its toxins M.Asakawa, T.Toyoshima, K.Ito., K.Bessho, C.Yamaguchi, S.Tsunetsugu, Y.Shida, H.Kajihara, S.F.Mawatari, T.Noguchi, K.Miyazawa Toxicon 41(7), 747-753(2003)

お問い合わせ