国から地方へ!地域の活性化について考えます

keywords.jpg 

末平 顕雄 

AKIO SUEHIRA

division.jpg社会科学研究科 マネジメント専攻 地域・交渉講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

 地域主権型社会では,市町村が地域行政の中心となって,活力に満ちた地域社会を構築することが求められます。その一方で,市町村は人口減少・少子高齢化など社会経済情勢の変化,福祉サービスや社会保障関係費の増大など多くの課題を抱えています。
 行政での実務経験を生かし,自治体が行う地域振興の内容,目指すべき地域社会に対する基本的な考え方,更には,その実現に向けた行政の役割と住民や企業等との関わりなどの分析を行います。それらを通じて,地域で必要なサービスを地域全体で支えていくシステムの在り方について,皆さんと一緒になって考えてみたいと思います。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

テーマ ●過疎地域が抱える諸問題に対する実態把握と分析
    ●住民自治組織等が行う地域振興に関する取組事例の調査
    ●住民との協働を目指した施策策定に対する助言
 提示されたテーマを受けるのに適格な専門家を,地域政策ゼミナールに参加する複数教員の間で協議,検討させていただきます。

detailsubtitle3.jpg

●「地方財政の現状と課題」都市財務事務担当者会議,2010年
●「第三セクター等の抜本的改革」経営改革研究会,2010年
●「分権時代における新たな人材開発システム構想」人材開発研究会,2001年
●「法人事業税における重加算金~自主決定法人と国税準拠法人との関係から~」月刊『税』,1994年

お問い合わせ