企業間関係,産業クラスター,イノベーションのマネジメント

keywords.jpg 

加藤 厚海 

ATUMI KATO

division.jpg社会科学研究科 マネジメント専攻 組織間関係論、ベンチャー企業と経済発展

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

 私は,経営学の知見をもとに,企業間関係のマネジメントに関心をもっています。具体的には,サプライヤー管理,企業間提携などといったテーマ,あるいは企業の集合体である産業クラスター(産業集積)を主な研究対象としています。近年は,日本国内だけでなく,中国・東南アジアに進出している日系企業のグローバル・サプライチェーンを明らかにしていこうと考えています。
 また本研究室では,ゼミ生に対しては,サプライヤー・システム,製品開発,イノベーションなどに関するテーマを設定し,理論的・実証的な研究を進めています。
 教育方針としては,素朴な疑問が良い研究を生むきっかけになると考えています。通説にとらわれずに,素朴な疑問をもって,理論と現象を対話させることで,現象の本質を突いた実証的研究が可能になると考えています。議論を通じて,互いに刺激をしあえる関係を築けることを願っています。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

テーマ ●タイをはじめとするASEAN 諸国に進出する日系企業のサプライチェーンの調査
    ●地場産業に関する調査および地場産業の活性化に関する助言
    ●企業家のネットワークに関する調査研究 
 海外進出する日系企業,地場産業・製造業,郷土食文化,コンテンツ産業が対象です。モノづくりだけではなく,マーケティング,文化・情報発信力を検討していきます。

detailsubtitle3.jpg

●『需要変動と産業集積の力学-仲間型取引ネットワークの研究-』白桃書房,2009年(2010年度,財団法人商工総合研究所「中小企業研究奨励賞(経営部門)」受賞)、2012年度, 企業家研究フォーラム 「第6回企業家研究フォーラム賞(著書部門)」
●「産業集積における仲間型取引ネットワークの機能と形成プロセス-東大阪地域の金型産業の事例研究-」『組織科学』第39 巻第4号,56-68頁,2006 年(2007年度,組織学会高宮賞受賞論文)
●「産業集積のダイナミズムと企業家の再生産-東大阪地域の金型産業の事例-」『企業家研究』創刊号,47-61 頁,2004年

お問い合わせ