ドイツ労働法,能力・成果主義賃金,非正規労働者の均等待遇

keywords.jpg 

緒方 桂子 

KEIKO OGATA

division.jpg法務研究科 法務専攻 民事法講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

 現在,パートタイム労働者,有期労働契約労働者,派遣労働者といった非正規労働者の均等待遇の問題を中心に取り組んでいます。

成果

 適宜,研究論文としてまとめ,学会誌や学術誌などに発表しています。

本研究の特徴・優位性

 日本では,貧困やワーキング・プアをめぐる問題が焦眉の課題となっていますが,その大きな要因のひとつは,非正規労働者の拡大とその相対的に低劣な労働条件の問題にあると考えられます。それをいかに克服すべきかを,研究を通じて明らかにしていこうとしています。

detailsubtitle3.jpg

●( 共著)「労働契約の基本原則-労使対等合意原則,均衡考慮原則およびワーク・ライフ・バランス配慮原則の意義とその可能性」西谷敏・根本到編『労働契約と法』(旬報社,2011 年)29 頁
●( 論文)「雇用形態間における均等待遇」日本労働法学会誌117 号(2011 年)32 頁
●( 論文)「非正規雇用と均等待遇原則・試論」労働法律旬報1767 号(2012 年)27 頁
 現在,広島県労働委員会公益委員,広島県労働局個別労働紛争調停あっせん委員,広島県個人情報及び情報公開審査会委員をつとめる。また香川県労働委員会公益委員,徳島県労働局個別労働紛争調停あっせん委員,香川県最低賃金審議会公益委員等を務めた経験をもつ。日本労働法学会理事。

お問い合わせ