文化創造のダイナミズムに触れる

keywords.jpg 

岩谷 彩子 

AYAKO IWATANI

division.jpg社会科学研究科 マネジメント専攻 地域・交渉講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

 ある地域や集団にそなわるものとして語られる文化や価値観は,実際には異なる人々の相互接触と交渉が生み出したものです。本研究室では,異文化接触と交渉に関する理論的な研究をベースに,参加者がテーマを定めてフィールドワークを行い,得られたデータから文化や人間について実践的に学んでいきます。そこでは,特定の環境におかれた人間が,いかに他者と交渉しながら,それぞれが属する社会の文化や制度をつくり上げているのか,ということが問題となります。
 たとえば,私がこれまで人類学的な研究を行ってきた「ジプシー/ロマ」と呼ばれる人々は,固有の領土をもたず,行く先々で「他者」として迎えられてきました。さまざまな人々との交渉によって社会を形づくってきた彼らの事例は,文化や民族の概念を根本から問い直すものであり,私たちが日常的に行っている他者との接触と交渉のあり方について再考させてくれます。
 研究室を,自己/他者理解を経由した新たな文化創造の場にしていきましょう。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

テーマ ●移動する人びとをめぐる言説および事例研究
    ●地域から再考するグローバリゼーション
    ●移民の受容における地域の役割
 移動する人びとに関する人類学的研究を行っています。グローバリゼーションが進行する現代,土地を超えた「超域」的な発想と実践を目指す方を歓迎します。

detailsubtitle3.jpg

● 『ものの人類学』京都大学学術出版会,共著,2011年
● 『映像にやどる宗教,宗教をうつす映像』せりか書房,共編著,2011年
● 『時間の人類学―情動・自然・社会空間』世界思想社,共著,2011年
● 『夢とミメーシスの人類学―インドを生き抜く商業移動民ヴァギリ』明石書店,2009年(日本宗教学会賞)
● 『はじまりとしてのフィールドワーク―自分がひらく,世界がかわる』昭和堂,共著,2008年
● "Strategic 'Otherness' in the Economic Activities of Commercial Nomads: A Case of the Vaghri in South India"『南アジア研究』第14 号,92-120 頁,2002年

お問い合わせ