染色体外遺伝因子の細胞内動態と排出機構

keywords.jpg遺伝子増幅,染色体外遺伝因子,微小核,蛋白質生産 

清水 典明 

NORIAKI SHIMIZU

division.jpg生物圏科学研究科 生物機能開発学専攻 分子生命開発学講座

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

 遺伝子増幅は,特定の遺伝子の数が細胞内で増加する現象であ
り,がん遺伝子等の蛋白質産物の量が増加することを介して,ヒ
ト細胞のがん化に密接に関係している。増幅した遺伝子は,染色
体外遺伝因子であるDM(Double Minutes)か,染色体上の
HSR(Homogeneously Staining Region)に局在している。

研究内容

 増幅した遺伝子が局在して悪性形質を運搬する染色体外遺伝因
子(DM)の,細胞周期進行にともなう細胞内動態,細胞外への
排出機構の解明。

成果

 自律複製する染色体外遺伝因子が,細胞周期進行にともなって,
核内でどのような動態を示すのか,それが分裂期や間期にどのように細胞質に移動するのか,細胞質のDM がどのよ
うに細胞外へ排出されるのか,について,独創的な研究を展開し,独自な領域を創製した。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

 動物細胞内で安定に複製分配される非ウイルス性ベクターの開発(基礎研究段階)

本研究の特徴・優位性

 従来技術と比べて,多検体に適用できる簡便な操作で,より高い効率で,より高発現な細胞株であって,構造や発
現がより安定な細胞株を,樹立できる。

お問い合わせ