口腔扁平上皮癌細胞の細胞間接着と浸潤増殖におけるプラスミノーゲン/プラスミン系の関与

keywords.jpgプラスミノーゲン/プラスミン系,E-カドヘリン,α2-アンチプラスミン  

浜名 智昭 

TOMOAKI HAMANA

division.jpg医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門

position.jpg助教

研究概要

研究の背景

がんの浸潤・転移には,がん細胞の蛋白分解活性と分散能が密接に関連している.プラスミンは,細胞外基質蛋白分解系の中心的な役割を果たし,がんの浸潤・転移を制御していることが知られている.さらに細胞膜蛋白に対しても分解活性を示し,その機能調節への関与が指摘されている.しかしながら,細胞間接着を制御している膜タンパクである,E-カドヘリンの断片化や機能発現におけるプラスミノーゲン/プラスミン系の役割については明らかにされていない.プラスミンがE-カドヘリンの機能発現を抑制するなら,がん細胞の細胞間接着を減弱させ,細胞分散を亢進していると考えられた.したがって,プラスミン活性の阻害は,がん細胞の蛋白分解活性を抑制するだけでなく,分散能を低下させ,がんの浸潤・転移を抑制すると推測された.

研究内容

口腔扁平上皮癌細胞のE-カドヘリンの断片化とその機能発現に対するプラスミノーゲン/プラスミン系の影響について解析した.さらにプラスミン阻害物質であるα2-アンチプラスミンの遺伝子導入がE-カドヘリンの機能発現,および扁平上皮癌細胞の細胞凝集能と浸潤増殖に与える影響について検討した.

成果

プラスミノ−ゲン/プラスミン系は,扁平上皮癌細胞のE-カドヘリンを切断することで細胞凝集を抑制し,細胞分散を亢進していた.α2-アンチプラスミン遺伝子導入はプラスミン活性を阻害することで,E-カドヘリンのプロセシングを抑制し,扁平上皮癌細胞の細胞分散能と浸潤・増殖能を低下させることが明らかとなった.

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

α2-アンチプラスミン遺伝子を,簡便に腫瘍組織内へ直接注入し,安全で効率よくプラスミン阻害物質であるα2-アンチプラスミン蛋白のin vivoでの発現を誘導できる方法を確立する必要がある.

本研究の特徴・優位性

E-カドヘリンの断片化や機能発現におけるプラスミノ−ゲン/プラスミン系の役割については明らかにされていなかった.
α2-アンチプラスミン遺伝子を直接腫瘍組織へ導入し,α2-アンチプラスミン蛋白発現を誘導することができれば,従来の治療に代わる口腔癌の浸潤・転移を抑制する,新しい治療の開発に応用できる.

detailsubtitle3.jpg

International Journal of Oncology 27:693-698,2005.
Oncology Reports 17:417-423,2007

お問い合わせ