ヒト頭蓋骨間葉系幹細胞を応用した神経再生

keywords.jpg骨間葉系幹細胞,神経再生,ヒト 

山口 智 

SATOSHI YAMAGUCHI

division.jpg病院 脳・神経・精神診療科

position.jpg病院助教

研究概要

研究の背景

多分化能を有する幹細胞を利用した再生医療が注目されており,神経領域においても重症疾患の治療を目指して再生医療が試みられている.

研究内容

ヒト頭蓋骨間葉系幹細胞は頭蓋骨骨髄に存在するが,頭蓋骨は発生学的に四肢の骨と異なり神経外胚葉起源である(四肢の長管骨は中肺葉)ため,脳・脊髄と由来を同じくする間葉系幹細胞を使用することで神経系への分化を促進できる可能性がある.脳神経外科手術にて採取したヒト頭蓋骨間葉系幹細胞を体外で培養し,神経系細胞への分化誘導能を研究する.

成果

頭蓋骨骨髄より間葉系幹細胞を採取培養し,神経分化させると,双極性・多極性の球状細胞がコントロール群の間葉系幹細胞より多く見られ,また分子生物学的解析を行うとコントロール群より神経分化マーカーを強く発現していた.

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

重症神経疾患に対しては手術,薬剤など現在の治療には限界があり,ヒト頭蓋骨間葉系幹細胞の有用性が確立すれば新たな治療法を開発していくことができると考えられる.

本研究の特徴・優位性

頭蓋骨間葉系幹細胞の研究は国内外に例をみないものであり、非常に独創性が高い研究と考えられる.
頭蓋骨は発生学的に神経と同じ神経外胚葉起源であり,より効率よい神経系への分化を促進できる可能性があると考えられる.

お問い合わせ