新規疼痛制御分子の探索

概要

研究内容
神経障害性疼痛発症および維持機構には、様々な分子が関わっている。これら分子の機能を分析することにより、発症機構の解明を目指している。さらに、新たな治療ターゲットとなりうる分子探索を行っている。


研究の背景について
神経障害性疼痛発症機構の解明


研究成果について
PLC related catalytically inactive protein (PRIP)が疼痛を制御している可能性を見出した。

産業界へのアピール

PRIP分子は、当研究室教授兼松らが見出した新規タンパク質であるため、本研究は新規性、独創性が高い


お問合せ:
広島大学 産学・地域連携センター (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2019 - Hiroshima University. All Rights Reserved.