ニワトリを用いた医薬、検査薬への応用

keywords.jpgニワトリ型モノクローナル抗体,検査試薬,ヒト型抗体,抗体医薬,作成し難い抗体の作成 

古澤 修一 

SHUICHI FURUSAWA

division.jpg生物圏科学研究科 生物機能開発学専攻 分子生命開発学講座

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

モノクローナル抗体をマウスで作成する事は既に一般化している。しかしながら、マウスに免疫しても抗体価が上がらない抗原も多数存在し、免疫動物としてアルメニアンハムスターなどが使用されるようになった。それでもだめな場合として、抗体の抗原結合部位の遺伝子ライブラリーから無索敵に抗原に結合するか否かの操作を繰り返して遺伝子操作法により作成する方法も開発されてきた。しかしながら、これらのどれにも欠点が有り、抗体の抗原結合力の低下など、有用なモノクローナル抗体が作成出来ない状況の決定的な打開策には至っていない。我々が世界で初めて作成したニワトリ融合細胞を用いることにより、ほ乳類ではない鳥類に抗原を免疫することで、ほ乳類では作りにくい、かつ抗体の抗原への結合の親和性の高い抗体が得られるようになった。

研究内容

各種の企業で作成に困難な状況に陥っている抗体作成、およびその組換えタンパク、キメラ型やヒト型抗体の作成、および分子生物学的に大量作成する事、および、絶えず、ニワトリ型モノクローナル抗体の利点を応用した、新規作成法などの開発を研究している。

成果

現時点では、我々が構築して特許出願した方法で、各種医薬系の企業が求めるニワトリ型、ヒト型抗体の作成に成功し、各種の検査試薬や、医薬品としての実用化に向けた基礎実験データを出している。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

想定業界は医薬品、および検査の企業であるが、それ以外にも
応用面では多様な業種がある。最近では、黒鯛の受精卵を認識
する抗体の作成にも成功しており、水産業もその多様な業種の
一部と言える。

本研究の特徴・優位性

ほ乳類と異なる鳥類(ニワトリやダチョウ)を用いた抗体作成が抗体業界だけでなく、インフルエンザ対策マスクなどとして脚光を浴びているが、これらのどの面においても、大量に、安価に、抗原との親和性が高い良い抗体を作ることができるのは、この共同研究を行っている我々のグループだけである。実際に、世界で一つだけ、病原性のプリオンタンパク質だけを認識し、アミノ酸構造の同じである正常なプリオンタンパクを認識しない抗体の作成にも成功している。

detailsubtitle3.jpg

1. ニワトリ型モノクローナル抗体の生産方法,および当該生産方法によって生産されるニワトリ型モノクローナル抗体,登録番号4273230(国内),松田治男,古澤修一,堀内浩幸,他,2011年3月4日, 他4件

お問い合わせ