BRONJ発症機序解明を目指した骨軟骨異常におけるコレステロール合成系の機能解析

keywords.jpgBRONJ,骨軟骨異常,コレステロール合成 

神田 拓 

TAKU KANDA

division.jpg病院 口腔再建外科

position.jpg助教

研究概要

研究の背景

ステロール合成経路に作用するビスホスホネート系薬剤(BP系薬剤)は、骨粗鬆症,悪性腫瘍の高Ca血症、骨転移に対し広く投与されている。2003年BP系薬剤に関連した顎骨壊死症例が報告されて以降、本薬剤を投与された患者の歯科治療を契機に多発性骨露出と重篤な顎骨壊死症例の報告が増加している。

研究内容

本研究ではBP系薬剤が骨芽細胞、軟骨芽細胞、破骨細胞におよぼす増殖・分化・ステロール合成系への影響について無血清培養系を用いて解析を行うことで、その骨吸収抑制作用、骨造成作用の機序あるいは下顎骨や歯槽骨に特異的に壊死をもたらすメカニズムについて解明し、BRONJに対する新たな予防および治療法の開発を目的とする。

成果

当施設では軟骨細胞の増殖・分化におけるコレステロールのおよぼす影響について研究成果を報告してきおり、軟骨系細胞およびそのコレステロール機能解析に関し確立した実験系を有している。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

現在BRONJはその発症機序が明らかにされておらず、本研究での分子生物学的検索の確立は、悪性腫瘍患者や国民病と呼ばれる骨粗鬆症患者に対するBP製剤投与における知見の収集、新規治療法の開発においても有益と考えられる。

本研究の特徴・優位性

本研究では、無血清培養系において骨芽細胞、軟骨芽細胞および破骨細胞に対するBP系薬剤の影響とともにコレステロ-ル合成経路に作用するスタチン系薬剤の影響を比較検討することで、重篤なBRONJを回避するだけにとどまらず、BP系薬剤の適切な投与法や新たな治療法の開発あるいは代替治療法、補助治療法の模索を目的としており、臨床的にも早急に対応することが求められている。

お問い合わせ