顎顔面領域における慢性疼痛発生メカニズム

keywords.jpg痛覚過敏,オトガイ神経,神経傷害, IL-1β 

渡邉 峰朗 

MINEO WATANABE

division.jpg医歯薬保健学研究院 基礎生命科学部門

position.jpg助教

研究概要

研究の背景

口腔顔面領域において、難治性神経因性疼痛がしばしば発生する。神経因性疼痛はその発現メカニズムについては未だ不明な点が多くあり、既存の鎮痛薬が奏功しないことが大きな問題となっている。

研究内容

本研究では、顎顔面領域における神経因性疼痛の実験モデルを作製し、その発生機序の解明と治療法の探索を試みた。実験動物としてラットを用いた。オトガイ神経を切断後、ヒゲ部皮膚における機械的疼痛逃避行動テストを行った。また、脳におけるIL-1βの発現とIL-1β拮抗薬の影響についても検討を行った。

成果

オトガイ神経を切断すると、ヒゲ部皮膚において痛覚過敏が発現したが、 IL-1β拮抗薬によって痛覚過敏はほぼ完全に抑制された。また、脳においてIL-1βが強発現していた。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

薬品メーカー・慢性疼痛の基礎実験。
課題:動物を用いた基礎実験は容易に行えるが、臨床治験を行うのが困難。
企業への期待等:企業から慢性疼痛の治験薬を提供してほしい。

本研究の特徴・優位性

本慢性疼痛モデルは、顎顔面領域の安定的でありかつ有効な疼痛モデルである。世界的にみて、顎顔面領域の疼痛実験モデルを作製・評価できる実験グループは極めて少ない。

detailsubtitle3.jpg

Takahashi K, Watanabe M, Suekawa Y, Ito G, Inubushi T, Hirose N, Murasaki K, Hiyama S, Uchida T, Tanne K. IL-1beta in the trigeminal subnucleus caudalis contributes to extra-territorial allodynia/hyperalgesia following a trigeminal nerve injury. Eur J Pain. 2011 May;15(5):467.e1-14.

お問い合わせ