血清マーカーを用いた新しい胃癌スクリーニングシステム

keywords.jpg胃癌,胃炎,Helicobacter pylori 

伊藤 公訓 

MASANORI ITOU

division.jpg病院 消化器・代謝内科学

position.jpg講師

研究概要

研究の背景

胃癌の多い本邦において、効率的な胃癌スクリーニング体系を確立する必要がある。

研究内容

胃癌の主因であるHelicobacter pyloriが有する発癌のkey moleculeであるCagA蛋白に着目した。感染後にCagAは細胞内で特異的なチロシンリン酸化をうけることに着目し、そのリン酸化型oligo-peptide(CagA-P)を作製したCagA-Pに対する抗体を作製し、患者胃粘膜での発現を検討するとともに、患者血清におけるanti-CagA-P antibodyを測定するELISA系を作製し、胃癌リスクマーカーとしての応用を試みている。

成果

ポリクローナル抗体の反応特異性を確認し、生体材料を用いての応用可能性を確認した。またELISAについては、基礎実験を終了し、胃未分化型胃癌症例での抗体価上昇を確認した。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

特にELISAにおける、反応の再現性とカットオフ値設定により、集団検診に応用できる製品を目指す。

本研究の特徴・優位性

本研究に類似した研究報告はない。

detailsubtitle3.jpg

Takata S, Ito M et al. JG, 2009
Wada Y, Ito M, et al. Digestion 2010
Ito M, et al. JGH, 2012
Boda T, Ito M, et al. Helicobacter 2014

お問い合わせ