東アジアの尖頭器文化の研究

keywords.jpg 

藤野 次史 

TSUGIFUMI FUJINO

division.jpg総合博物館 埋蔵文化財調査室

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

 日本の旧石器時代および縄文時代は東アジアの中でも特異な位置を占めている。これまで日本列島における石器群の変遷と特徴について明らかにしてきたが,その歴史的な意味や背景は地理的,環境的特徴が関与するとともに,人間集団の移動と集団関係に起因しているものと想定され,東アジア的視点の研究を必要とする。

研究内容

 旧石器時代~新石器時代(縄文時代)前半期の狩猟具やその製作技術の発達の様相解明を行うとともに,狩猟具の形態や組成からみた狩猟技術の変化,石材運用や狩猟具の型式学的特徴,組成の分析を通じて集団関係や系統関係の解明を行っている。

成果

 日本列島では後期石器時代前半期においてすでに東北日本と西南日本の大きく二つの地域性が成立している。これは先行する中期旧石器時代後半の様相を反映していると想定され,東アジアの南北の様相に対応している可能性がある。その後,日本列島内では狩猟具は独自の発達を遂げ,旧石器時代末~縄文時代初頭に大陸側からの人間集団の移動を含む文化的影響を受けながら縄文文化が成立・展開していく。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

 今後,個別の事例の研究を詳細に進めてくことが必要である。

本研究の特徴・優位性

 狩猟は旧石器時代~縄文時代の主要な生業の一つであり,狩猟道具の研究は,当時の社会組織やその発達過程を解明する上できわめて有効である。

detailsubtitle3.jpg

●『 日本列島の槍先形尖頭器』同成社 2004年
● 岩宿文化賞

お問い合わせ