胸部大動脈瘤手術の脊髄保護

keywords.jpg脊髄保護,心房細動,体外循環,シミュレーター 

末田 泰二郎 

TAIJIRO SUEDA

division.jpg医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

胸部大動脈瘤手術最大の合併症である対麻痺予防法を開発

研究内容

対麻痺予防法として運動誘発電位測定と独自の脊髄保護法を開発

成果

対麻痺予防法として肋間神経誘発電位測定法と装置を開発
 (特願2008-544080、科学研究費基盤(B)4件、(c)1件)

detailsubtitle3.jpg

国内特許2件(うち1件は米国にも出願中)
これまでの各種特許登録数(18件)が広島大学歴代トップ3で2010年第1回広島大学知財貢献賞を受賞。

お問い合わせ