耐波浪性と水深調整機能をもつ新形式養殖カキ筏の実用化

keywords.jpg養殖筏,浮力分割,波浪 

土井 康明 

YASUAKI DOI

division.jpg工学研究院 エネルギー・環境部門 地球環境工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

従来ある養殖カキ筏の海上浮力体を分割し,一部を海上に残し,カキが吊るされた養殖部分に残りの浮力体部分をつけて,筏部分を海中に沈めることにより,波浪からの力を大幅に減じ,上下揺れを低減させようとする新形式養殖カキ筏を開発した。さらに,養殖部の水深調整機能を付加して,養殖性能を向上させようと検討している。
すなわち,カキ養殖において問題となる有害赤潮プランクトンの海域における鉛直分布や貧酸素水層の鉛直分布に着目して,養殖部の水深調整機能化を図ることにより,これらの被害を防止する技術を提供するものである。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

今後は実用化に向けて企業と共同研究を行ないたい。

本研究の特徴・優位性

現在,水槽および実海域における実筏による基礎試験を完了し,良好な結果を得ている。

お問い合わせ