偏心構造物のねじれ応答性状に関する研究

keywords.jpg偏心構造物 ねじれ振動 

渡邊 秀和 

HIDEKAZU WATANABE

division.jpg工学研究院 社会環境空間部門 建築構造学講座

position.jpg助教

研究概要

研究の背景

過去の地震被害状況によると、1995年阪神・淡路大震災などで建物の構造部材の偏心による捩れ振動が原因となり崩壊したケースが多く見受けられる。

研究内容

立体骨組解析ソフトを用いた非線形時刻歴応答解析を行い、様々な種類の偏心構造物について検討を行う。特に、『偏心構造物の各層の層間変位―層間回転角関係は、構造物の塑性域であっても線形関係になる』ということに着目し、多くの設計変数をもつ偏心構造物について解析を行い、整理を行う。

成果

いくつかの偏心構造物の各層の層間変位―層間回転角関係は、構造物の塑性域であっても線形関係になることがわかった。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

本研究により、建築設計技術の高度化による耐震安全性の向上が見込まれる。

本研究の特徴・優位性

現在の設計法では、弾性範囲におけるねじれ振動が主に考慮されており、塑性範囲については十分に検討がなされていない。本研究では塑性領域でも成立する設計法の提案を行う。

detailsubtitle3.jpg

日本建築学会構造系論文集,14WCEE

お問い合わせ