排水からの資源・エネルギー回収エコバイオテクノロジー

keywords.jpg環境浄化,資源回収,エコバイオテクノロジー 

大橋 晶良 

AKIYOSHI OOHASHI

division.jpg工学研究院 社会環境空間部門 地球環境工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

水環境保全技術は,エネルギーを消費しコストを要するのが常であるが,排水からエネルギーや資源の付加価値を生産することが可能になることで,環境ビジネスへの道が開けてくる。

研究内容

途上国に適用可能な省エネ型の排水処理装置として開発したDHSバイオリアクターは,難培養微生物の分離・培養などの機能を有している。この技術の適用拡大により,温室効果ガスのメタンや亜酸化窒素の分解,有機性排水からの電気エネルギー回収,液中からのリンやレアメタルの資源回収が可能であり,生態学とバイオを融合したエコバイオテクノロジーを用いて環境問題を解決する技術開発を行っている。

成果

・マンガン酸化細菌を利用した排水・海水からのレアメタルの回収
・ポリリン酸蓄積細菌による排水・海水からの高濃度リン含有液の回収
・下水からの生分解性プラスチックPHAの生成・回収
・微生物燃料電池による排水からのエネルギー生成
・温室効果ガス・メタンおよび亜酸化窒素を分解する微生物の探索と適用
・低pH環境下での硝化反応プロセス
・低濃度メタン酸化細菌に温室効果ガス除去

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

リン回収技術に関しては,実用化のための実証プラントを下水処理場に設置して性能を評価している。他の環境技術に対しては,基礎研究の段階であり,今後,実用化を睨んだ研究に進展させる予定である。

本研究の特徴・優位性

微生物を利用したエコバイオテクノロジーにより,低コスト・省エネの環境技術である。目的の微生物を高濃度に培養・保持できる新規に開発したDHSリアクターを用いることで従来にない環境技術が可能である。

detailsubtitle3.jpg

特願2009-044797 リンの回収方法及び回収装置
特願2011-048070 レアメタルの回収方法及び回収装置

お問い合わせ