筋肉を含んだ人体の運動解析システムの開発と福祉ならびにスポーツへの応用

keywords.jpg筋-骨格系,人体モデル,多体動力学,数値運動解析システム,筋刺激評価 

岩本 剛 

TAKESHI IWAMOTO

division.jpg工学研究院 機械システム・応用力学部門

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

臨床現場でよく用いられている運動解析システムでは,関節モーメント法により患者の筋肉を評価しているが,この方法では筋肉の刺激レベルが評価できないという欠点を持つ。
 当研究室では,筋肉の応答に注目し,筋肉に加えられる刺激・運動ならびに応力が評価可能な新しい運動解析システム「筋-骨格系多体動力学解析システム」を研究している。この解析システムは,たとえば,物を持ち上げる一連の動作から,骨格の動きと筋肉の緊張を解析し,その刺激レベルの分布をカラーで動画表示するシステムである。
 この解析システムを用いると,人の動作全般にわたって各部筋肉の運動を解明することができるので,腰痛・転倒発生メカニズム解明,障害治癒過程の評価,筋肉の無駄な動きを排除した運動フォームの創造,スポーツ選手の鍛えるべき筋肉の抽出と筋力増強効果の評価などに役に立つものと期待している。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究,ならびに知見の提供,調査,コンサルティング,技術指導,このテーマに関する講演,助言などが可能である.
応用分野
リハビリシステム,運動診断(整形外科部門)

本研究の特徴・優位性

筋刺激を考慮して,刺激量を目視にて確認しながら,被験者が運動を制御できるシステムである.刺激量は通常,筋電位など多くのセンサーを被験者に貼り付けることが必要となるが,本システムでは不要である.

detailsubtitle3.jpg

武田 雄策,蔦 紀夫,岩本 剛,上腕骨一肩複合体系による座位一立位補助運動の筋駆動多体動力学解析,バイオメカニズム,16巻,(2002),pp. 253-266.

お問い合わせ