健康増進と傷害予防について

keywords.jpg健康,体力 

石井 良昌 

YOSHIMASA ISHII

division.jpg教育学研究科 生涯活動教育学専攻 健康スポーツ科学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究の背景

近年,スポーツ科学の進歩によって学校現場やスポーツ現場では科学的な見地から指導を行うことが望まれている.動作解析や生体呼応反応は新たなコンピューターソフトの開発によってスポーツ活動中の測定が容易となり,スポーツ指導を行う際においても一般的な手法になってきた.

研究内容

・スポーツ運動時における身体各部位の速度変化や関節可動域と体力的な要素との関係について調べるとともに,今後のトレーニング法について検討すること
・障害児・者における運動活動中の身体反応や動作について,バイオメカニクス的な観点からみた評価を行う
・中高齢者の健康に関する意識に関する調査を行う.

成果

・児童の立ち幅跳びにおける上肢と下肢のタイミングの取り方に関する研究.トレーニング科学,23(1),77-85,2011
・自閉症児・者とダウン症児・者における立ち幅跳びの長期学習維持効果に関する研究.発達障害支援システム学研究,10(1),43-49,2011

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

学校教材,リハビリテーション

お問い合わせ