キャリア発達に関する研究  平和とジェンダー論

keywords.jpgキャリアデザイン,ワークライフバランス,平和 

森 玲子 

REIKO MORI

division.jpgキャリアセンター キャリアセンター

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

 日本と米国の民間企業・地方自治体での勤務と,非営利団体(NGO/NPO) での活動経験を持ちます。働き方や生きがい・やりがい等を含めた,キャリアデザインに関心があります。

研究内容

 キャリア教育は,人が主体的に生きていくために必要な力を得るようキャリア発達を促す教育であるといわれます。特に,若者にとって,何がキャリア発達に影響を与え,どのような経験や学習がキャリア発達をもたらすかについて実証的に研究しています。これらを明らかにすることで,若者をめぐる,大学から社会への移行の問題の解決を目指したいと考えています。

成果

 フロントランナープログラムにおける取組など,学生による自主活動が,学生のキャリア発達に対して大きな効果をもたらしていると考えています。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

 新規学卒者の早期離職問題や大学生を対象とするインターンシップにおける課題解決に向けた連携が可能です。

detailsubtitle3.jpg

●『 キャリアデザインノート』キャリアセンター
●「 ジェンダーと平和」『平和とは何か 理論と実践』法律文化社

お問い合わせ