出芽酵母クロマチンリモデリング因子RSCの機能解析

keywords.jpgクロマチンリモデリング,RSC,転写制御 

今村 優子 

YUKO IMAMURA

division.jpg先端物質科学研究科

position.jpg特任助教

研究概要

研究の背景

ATP依存性クロマチンリモデリング因子RSCは、転写制御やDNA複製、DNA修復、組換え、染色体分配等の幅広い染色体高次構造に寄与している。

研究内容

RSCの中心因子であるNPS1の温度感受性変異株と合成致死性を示す遺伝子を網羅的に解析した結果、ミトコンドリア関連遺伝子が多数取得された。そこで、RSCとミトコンドリアとの関連を検討した。

成果

RSC変異株は、ミトコンドリア機能異常を示すことがわかり、その異常により代謝機能の低下、ミトコンドリア依存的なオートファジーの阻害、経時寿命の短縮を引き起こすことが明らかになった。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

出芽酵母のRSC複合体は、ヒトにおいては癌抑制因子であるPBAF複合体として知られており、細胞増殖や発生、分化に伴った遺伝子を制御することが報告されている。RSCの新規生理機能を明らかにすることにより、発癌制御に関する新たな知見が得られると考えられる。

本研究の特徴・優位性

RSCとミトコンドリアとの関連はこれまでに報告がなく、詳細な制御機構の解明は新規のクロマチンリモデリングの生理機能を明らかにできるものである。

detailsubtitle3.jpg

なし

お問い合わせ