てんかん外科治療における頭蓋内電極および脳磁図 (MEG)を用いたてんかん焦点ならびにてんかん棘波の電磁気生理学的研究

keywords.jpgてんかん外科,難治性てんかん,頭蓋内脳波,脳磁図 

飯田 幸治 

KOUJI IIDA

division.jpg病院 先進医療開発科学講座

position.jpg講師

研究概要

研究の背景

難治性てんかんに対するてんかん焦点切除術に際して、近年の種々の神経画像診断の進歩により、過大な侵襲的検査の回避が可能となってきているが、てんかん焦点局在診断においては、いまだに侵襲的検査である頭蓋内ビデオ脳波モニタリングが必要であることが多い。一方で、頭蓋内電極設置によっても、発作時皮質脳波の視認による解析は時に困難であり、適切な切除範囲の同定が行えない場合もある。

研究内容

1Magnetic source image (MSI) の術中ナビゲーションシステムへの応用に関する研究
2脳磁図傾斜磁場トポグラフィーの開発とてんかん外科治療への臨床応用: 新しい脳磁図データ解析法である傾斜磁場トポグラフィー(Gradient magnetic-filed topography: GMFT) を開発し、等価電流双極子(ECD) 推定法、頭蓋内脳波所見と比較した。
3発作時脳磁図波形の周波数解析: 新たなてんかん焦点の指標として、発作時高周波律動 (High frequency oscillation: HFO) に着目し、発作時脳磁図データから時間周波数マップを作成しHFO検出を試みる。

成果

ECD clusterはほぼてんかん焦点と相関していること、GMFTはECDに対し相補的な有用性を持つこと、脳磁図上のHFO領域が、頭蓋内脳波上のHFO領域あるいはてんかん焦点領域と高い相関があることを見出した

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

本研究で発作時のHFOを脳磁図で解析した結果が、頭蓋内電極と同等の表示能を有することが証明されれば、脳磁図が頭蓋内電極の代替となりうることとなる。すなわちGMFTの実用化につながる。

本研究の特徴・優位性

本研究で扱う脳磁図による発作時HFOの検出と正距方位図法・傾斜磁場トポグラフィー(GMFT)による解析・表示、およびこれらと頭蓋内電極記録結果との比較検証はこれまで報告がなく、我々がはじめて試みる。

detailsubtitle3.jpg

平成22年度財団法人てんかん治療研究振興財団研究褒章 てんかん外科治療における硬膜下電極および脳磁図を用いたてんかん焦点ならびにてんかん棘波の電磁気生理学的研究

お問い合わせ