Time-resolved MRAによる脳血管内手術前後の海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の評価

keywords.jpg海綿静脈洞,DSA,硬膜動静脈瘻,血管内手術,時間分解MRA 

坂本 繁幸 

SHIGEYUKI SAKAMOTO

division.jpg病院

position.jpg病院助教

研究概要

研究の背景

海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の診断は血行動態を把握する必要があるので、侵襲的ではあるがDSAが標準的検査である。一方MR装置の発展に伴い、血行動態の情報も兼ね備えた低侵襲検査であるtime resolved MRA(TR-MRA)が撮像できるようになった。両検査法の比較し低侵襲であるTR-MRAの役割を明らかにする。

研究内容

脳血管内治療を行った海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻を対象とした。術前・術後画像としてTR-MRA、DSAを施行した。術前・術後における病変の検出能および同病変への流入動脈と流出静脈の描出能をTR-MRAとDSAの両検査画像を用いて比較・検討した。

成果

TR-MRAは海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の診断は可能であったが、同病変の詳細な情報の描出まではできなかった。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

低侵襲のTR-MRAは、硬膜動静脈瘻を検出するためのスクリーニング検査として、また術後も病変の消失を確認するための検査として有用であったことから、TR-MRAは硬膜動静脈瘻の診断装置として貢献することが考えられる。

本研究の特徴・優位性

本研究は時間分解MRAを用いての海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の血管内治療結果の判定が有用であることを明らかにしたものであり今後の臨床外科への貢献が大きく期待される

detailsubtitle3.jpg

Neurosurgical Review、広島臨床外科医学会賞

お問い合わせ