口腔癌に対するVEGF・同受容体を分子標的とした治療法の開発

keywords.jpg口腔癌,VEGF,分子標的治療法 

小泉 浩一 

KOUICHI KOIZUMI

division.jpg医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門

position.jpg助教

研究概要

研究の背景

我々は癌転移の成立過程,とりわけ癌細胞が基底膜や周囲の正常組織などへ浸潤していく際に必要となる運動能について着目している。これまで口腔癌細胞において血管新生の重要な担い手である血管内皮増殖因子(VEGF)およびその受容体が発現していることを確認認し,オートクライン機構を介して浸潤・増殖に関与している可能性を示唆している。

研究内容

口腔癌細胞株を用いて、VEGF・同受容体の浸潤・増殖における機能解析を行った。

成果

口腔癌細胞の運動能を解析したところ、VEGFはケモタキシス及びケモキネシスを誘導することが明らかとなった。この活性はチロシンキナーゼ阻害剤にて抑制された。また、VEGF添加によりAktのリン酸化が亢進し、PI3K阻害剤にてAktのリン酸化およびVEGFに依存した運動能は抑制された。  以上より、口腔癌の浸潤・増殖はVEGF受容体、PI3K/Akt経路を介したオートクライン機構により制御されている可能性が考えられた。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

今後、VEGF・同受容体を分子標的とした治療法を開発し、臨床応用したいと考えている。

本研究の特徴・優位性

従来より研究されているVEGFのパラクライン系を介した血管新生促進に加え、我々はオートクライン機構を介して癌細胞自身の浸潤・増殖における機構を研究している。

detailsubtitle3.jpg

ヒトメラノーマ細胞におけるVEGF受容体系の機能解析:口腔組織培養学会雑誌、14(1) 39-40,2005

お問い合わせ