熱帯亜熱帯植物由来の新規有用化合物の探索

keywords.jpg天然物,亜熱帯植物,沖縄,癌,多剤耐性 

松浪 勝義 

KATSUYOSHI MATSUNAMI

division.jpg医歯薬保健学研究院 基礎生命科学部門 生薬学

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

数多くの抗癌剤が臨床応用されているにも関わらず、いまだに死因のトップは癌である。新規抗がん剤の探索研究は現在でも継続して取り組まなければならない重要な課題である。

研究内容

琉球諸島は日本における植物の固有種,貴重種の宝庫であり、天然物化学的に貴重な資源を提供してくれている。近年高まっている資源ナショナリズムの考えから自国の資源をもとにして、その利用価値を見出すことは今後重要である。
 沖縄亜熱帯域で採集した植物抽出物から、ヒト癌細胞増殖抑制活性、多剤耐性抑制活性試験の結果をもとに、その活性本体を単離・精製し、活性を詳細に検討する。また、その化学構造を種々のスペクトルデータおよび化学的方法により明らかにする。

成果

植物抽出物中には数多くの化合物が含まれる。複数種の植物サンプルについて検討を行った結果、その中に存在する極微量活性成分を多段階の精製過程を経て単離・構造解析し、活性本体を明らかにした。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

医薬品業界において、新規化学構造を持ち生物活性の良好な化合物はそれ単独で潜在的特許性を持つ。また、創薬リード化合物として誘導体合成などの創薬研究に貢献できる。

本研究の特徴・優位性

合成化学的手法により多くの医薬品が開発されているが、元をたどれば天然資源から見出された化合物に関連していることが多い。天然物化学研究では、常に化学構造が新規であることを目指しており、必然的に特許性の重要な点をクリアしている。生物活性の良好な化合物は医薬品開発へと展開できる可能性がある。

detailsubtitle3.jpg

日本薬学会 中国四国支部 奨励賞(2009)
日本生薬学会 学術貢献賞 (2011)

お問い合わせ