浅水域における肥型船の操縦流体力特性の推定

keywords.jpg肥型船,操縦性,針路安定性,浅水影響 

佐野 将昭 

MASAAKI SANO

division.jpg工学研究院 エネルギー・環境部門 海上輸送システム

position.jpg助教

研究概要

研究の背景

港湾や運河等の制限水域での船の操縦性能は大洋航行時と大きく異なる為,操船者は不慣れな操船を強いられる.特にVLCC等の肥型船の操船は難しく,安全性の見地から自船の操縦性能を十分に把握しておく必要がある.

研究内容

広島大学の曳航試験水槽では,昨年度,浅水設備を導入し,浅水域での試験が可能となった.本研究では,最近の標準タンカー船型(V型船尾)であるKVLCC2の1/110スケールモデルを用いて,浅水域試験を実施した。

成果

最近の標準タンカー船における船体,舵,プロペラ間の相互干渉影響,操縦流体力特性に及ぼす水深影響について明らかとした。また本船が浅水域を航行する場合の針路安定性について検討し,従来型のタンカー船型ESSO OSAKA(U型船尾)とは異なる傾向を有する事を示した.

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

一般に肥えた船は操船が難しいと言われており,操船者の許容範囲を超える針路不安定性(悪い操縦性)を有する船では,航行の安全性が保障できない。こうした水槽試験を活用する事で,船舶の設計段階における性能推定に貢献できると思われる。

本研究の特徴・優位性

実船試験は実海域の確保が難しく,また模型試験は浅水設備を有する水槽が少ない事から,現時点で公表されている試験データは限られている.本研究では,最近のV型船尾を有する船型を用いており,従来船との比較を通じて,過去に得られた知見を更新している。

お問い合わせ