シミュレーション物理教材開発

keywords.jpg計算機シミュレーション,教材開発,物理教育 

稲垣 知宏 

TOMOHIRO INAGAKI

division.jpg情報メディア教育研究センター 情報教育研究部門

position.jpg准教授

研究概要

研究の背景

計算機シミュレーションを利用することで、学習者が自然科学の面白さに気付き、科学的な考え方に基づいて自然現象を考えるようになることを目標に、教材開発を実施しています。

研究内容

実際に体験することの困難な状況、モデル化された系の振る舞いを計算機シミュレーションで視覚的にとらえる中で、自然科学の概念について具体的なイメージを描きながら考えることを支援する教材開発を行っています。学習内容にあわせたシミュレーションアルゴリズム、可視化の方法、パラメータ操作のインターフェイス等を検討し、また、効果的な教材利用のための学習方法の研究を進めています。

成果

力学、波動、電磁気学、量子力学、素粒子・原子核といった物理学の諸分野、セルゲーム、カオス等に関して計算機シミュレーションを利用した教材をFlash Actionscriptを利用して開発し、Webサイトで公開、配布しています。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

基本的に無料で自由に編集可能な教材をソースファイル付きで配布し、関連分野の進展に貢献したいと考えている。

お問い合わせ