高信頼化ソフトウェア開発のための信頼性評価プロトコルの実装

keywords.jpgソフトウェア開発,信頼性評価,テスト,進捗度評価,プロトコル 

土肥 正 

TADASHI DOHI

division.jpg工学研究院 情報部門 ソフトウェア信頼性工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

高信頼化ソフトウェアを開発するためには,テスト工程において進捗状況を確認しながら,正確にソフトウェア信頼度などのディペンダビリティ尺度を評価する必要がある。
 本研究では,現場で観測・採集されるソフトウェアメトリクスデータ,モジュール構成,フォールトデータを有機的に結合し,ソフトウェア信頼度と関連する評価尺度を自動的に推定するためのシステムプロトコルを開発し,テスト進捗度評価の完全自動化を実現するための技術を開発することにある。 これにより,知的生産物であるソフトウェア製品の信頼性を定量的かつ客観的に評価することが可能となり,開発費用の大部分を占めているテスト費用を削減することに繋がる。
また,対象となるソフトウェアシステムのデバッグ過程を同定することにより,保全計画の策定,保証プログラムの設計,経済的リリーススケジュールの立案等が可能となる。
<用語説明>ソフトウェアメトリスクデータ:ソフトウェアの開発労力,規模,コマンド数など,製品やその開発工程に関する特性データ

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

研究形態は特に拘らず,共同研究・受託研究・技術指導等に対応することができる。

お問い合わせ