染色体末端維持機構の理解と、がん治療への応用

keywords.jpg抗がん剤,DNA修復,染色体分配,テロメア,ゲノム 

上野 勝 

MASARU UENO

division.jpg先端物質科学研究科 分子生命機能科学専攻 分子生命機能科学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究の背景

DNA修復や染色体分配の阻害剤は、抗がん剤として使用されている。また、テロメアと呼ばれる染色体末端の維持は、がん細胞の生育に必須であることから、抗がん剤の分子標的として注目されている。

研究内容

分裂酵母を用いて、DNA修復、染色体分配、染色体末端テロメアの維持に関係する蛋白質の探索やその機能解明を行う。さらにこの過程で得られた様々な分裂酵母変異株を用いてDNA修復や染色体分配、テロメア維持などに関する阻害剤の新しいスクリーニング方法を開発する。

成果

これまでに分裂酵母を用いて染色体末端テロメアの維持やDNA修復に関係する蛋白質の機能を複数明らかにしている。また、染色体分配において重要な蛋白質の機能も明らかにしている。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

当研究室で構築した様々な分裂酵母変異株は、DNA修復や、染色体分配、テロメア維持に関係する蛋白質の阻害剤
(抗がん剤)のスクリーニングに応用可能である。

本研究の特徴・優位性

当研究室は、分裂酵母を用いたテロメア維持機構の解明やDNA修復機構の解明において世界トップレベルの業績をあげている。これらの研究で得た当研究室オリジナルな技術や知識は、抗がん剤の新規スクリーニング法の開発に応用可能である。

detailsubtitle3.jpg

Mol. Cell. Biol. 31, 495-506. (2011) 、 農芸化学奨励賞

お問い合わせ