遺伝子増幅機構とその蛋白質生産への応用

keywords.jpg遺伝子増幅,染色体外遺伝因子,微小核,蛋白質生産 

清水 典明 

NORIAKI SHIMIZU

division.jpg生物圏科学研究科 生物機能開発学専攻 分子生命開発学講座

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

 遺伝子増幅は,特定の遺伝子の数が細胞内で増加する現象であ
り,がん遺伝子等の蛋白質産物の量が増加することを介して,ヒ
ト細胞のがん化に密接に関係している。増幅した遺伝子は,染色
体外遺伝因子であるDM(Double Minutes) か, 染色体上の
HSR(Homogeneously Staining Region)に局在している。

研究内容

 染色体外遺伝因子を介した遺伝子増幅の分子機構と,その蛋白
質生産への応用。

成果

 哺乳動物複製開始領域(IR)と核マトリックス結合領域(MAR)
を持つプラスミドが,極めて効率よく遺伝子増幅を誘導すること
を見いだし,その分子機構を解明するとともに,蛋白質生産系へと応用できることを示した。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

 医薬品等,高付加価値組換え蛋白質の,高生産株の樹立(企業化段階)

本研究の特徴・優位性

 従来技術と比べて,多検体に適用できる簡便な操作で,より高い効率で,より高発現な細胞株であって,構造や発
現がより安定な細胞株を,樹立できる。

detailsubtitle3.jpg

既取得特許5件,出願中特許7件

お問い合わせ