再生医療のための骨髄由来間葉系幹細胞の性質評価

keywords.jpg間葉系幹細胞(MSC),細胞培養,再生医療,細胞増殖 

金輪 真佐美 

MASAMI KANAWA

division.jpg自然科学研究支援開発センター 生命科学実験部門(霞)

position.jpg助教

研究概要

研究の背景

再生医療の応用に向けて、有用な移植用細胞である間葉系幹細胞の培養法や性質について明らかにする。

研究内容

MSCはインフォームドコンセントを得た後、骨髄液より分離培養を行い、凍結保存したMSCをバイオリソースセンターの細胞バンクに寄託した。
化学的に規定化された培養皿を用いMSCを無血清培地で培養し増殖能を検討した。

成果

研究用MSCを国内外に幅広く提供することに貢献した。
URL http://www.brc.riken.jp/lab/cell/hms/search_hms.shtml
MSCの増殖に最適な科学的に規定化された培養皿の組成を明らかにした。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

MSCの増殖に最適な培養皿の組成を明らかにすることによって再生医療にとって安全、安定した培養技術の提供に貢献できると考えられる。

本研究の特徴・優位性

現在市販されている細胞培養皿はポリスチレン製であり様々な細胞の増殖に用いられているが個々の細胞増殖に本当に適しているかどうかについては不明であることからMSCに最適な培養皿の組成を得ることは有用である。

detailsubtitle3.jpg

J Tissue Eng Regen Med、 Stem Cells Dev

お問い合わせ