地下水流れによる干潟のヘドロ化抑制効果の解明

keywords.jpg地下水流れ,河川感潮域,干潟 

中下 慎也 

SHINYA NAKASHITA

division.jpg工学研究院 社会環境空間部門

position.jpg助教

研究概要

研究の背景

近年の自然干潟の減少に伴い,人工干潟の造成が全国各地で行われている.自然干潟と同等の機能を有する高機能な人工干潟の造成を行うためには,地形の安定性のみならず,ヘドロ化の抑制,有用二枚貝(アサリ・シジミ等)の生息の補償,他の自然を壊さない造成などが必要とされている.

研究内容

これまでの研究結果から,干潟環境の形成に地下水流れが重要であることを明らかにしており,地下水流を効果的に生起させることで既存の鉛直護岸前面にも高機能(有用二枚貝の生息や干潟のヘドロ化の抑制など)な干潟を造成することが可能であると考えられる.本研究では,河川構造物の効果を考慮した干潟造成技術を開発することを目的として,地下水流れが有用二枚貝の生息や干潟のヘドロ化抑制に及ぼす影響について検討している.

成果

太田川を対象としたこれまでの研究で,河川構造物の周辺と沿岸帯水層で生じる2つの地下水流れが存在していることを明らかにした.それぞれの地下水流れは干潟地盤内へ底生生物の生息に必要な有機物や酸素を供給する役割や,干潟地盤の保水性を向上させ,地盤を緩く保つ役割,出水時における干潟地盤内の水質(塩分,水温)変動を緩和する役割などを有している.

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

地下水流れの重要性を明らかにしており,人工干潟を造成する上で地下水流れを考慮する必要性を示した.今後は,河川構造物の構造や形状,高さなどと地下水流れ(水質や流速など)の関係を定量的に示すことが必要となる.

本研究の特徴・優位性

沿岸域に構築された構造物が生態系に及ぼす影響に関して本研究のように地下水循環を考慮して底生生物の生息域である干潟表層の環境へのインパクトについて研究された事例はほとんどない.さらに,本研究は人工干潟造成時の問題である生態系の形成不良を解決するだけではなく,干潟のヘドロ化のメカニズムについても明らかにすることが可能である.

お問い合わせ