道具を使用する手指複雑動作課題中の半球間抑制の変化

keywords.jpg半球間抑制,同側運動野興奮性,手指複雑動作課題,経頭蓋磁気刺激 

船瀬 広三 

KOUZOU FUNASE

division.jpg総合科学研究科 総合科学専攻 行動科学講座・身体運動科学分野

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

ヒトの随意運動を引き起こす運動指令を発する対側運動野の活動は脳梁を介して動作肢の同側運動野にも影響する.本研究では道具を使用する手指複雑動作中の半球間抑制の動態について経頭蓋磁気刺激を用いて調べた.

研究内容

手指の単純収縮課題で同側運動野の興奮性が高まることは既に報告されているが,実際の生活場面で見られる様な道具を使用する複雑な手指動作課題中の同側運動野の興奮性変化については調べたところ顕著な興奮性増大が観察され,その背景メカニズムとしての半球間抑制の動態について検討した.

成果

手指複雑動作中の同側運動野の興奮性増大は対側運動野からの半球間抑制の増大によって同側運動野内の抑制回路が脱抑制されることによって生じることが明らかとなった.

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

リハビリテーション施設等における片麻痺患者の健側トレーニングによる患側へのリハビリテーション効果が期待できる.

本研究の特徴・優位性

従来行われていた単純な手指把握動作に比較して,より実生活で行われる箸を使った摘み動作によって同側運動野の興奮性が顕著に高まることが示された.

detailsubtitle3.jpg

Changes in interhemispheric inhibition from the active to resting primary motor cortex during a fine-motor manipulation task. Morishita T, Uehara K, Funase K, Journal of Neurophysiology, in press, doi:10.1152/jn.00888.2011
Increased excitability and reduced intracortical inhibition in the ipsilateral primary motor cortex during a fine-motor manipulation task. Morishita T, Ninomiya M, Uehara K, Funase K, Brain Research, 1371: 65-73, 2011

お問い合わせ