光学特性に基づく光線追跡シミュレーションと可視化

keywords.jpgコンピュータグラフィックス,光スペクトル,ビジュアライゼーション 

金田 和文 

KAZUFUMI KANEDA

division.jpg工学研究院 情報部門 情報工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

高精度な可視化のために,従来の画像生成技術で用いられていたRGB三原色での光線追跡シミュレーションを,光のスペクトルを考慮したシミュレーションと表示法に拡張する.

研究内容

光のスペクトルと物質の光学特性を考慮した光線追跡シミュレーション手法の設計とインプリメントを行う.シミュレーション結果をディスプレイ表示する際には,人間の視覚特性を考慮した表示を行う.

成果

光のスペクトルと物質の光学特性を考慮することにより,分光分布の異なる光源によって照らされたシーンや,薄膜がコーティングされた物質での干渉現象による色付きをシミュレーションにより表示することが可能となった.また,自然界で見られる構造色や虹などの大気光学現象も可視化することができる.

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

高精度な可視化が必要とされる分野への応用が考えられる.例えば,先端的工業デザイン,照明設計,映像特殊効果,多層薄膜の光学設計など.

本研究の特徴・優位性

光のスペクトルと物質の光学特性を考慮した光線追跡シミュレーションによる高精度な表示を行うことができる.

detailsubtitle3.jpg

The Visual Computer, Computers & Graphics等の学術雑誌論文

お問い合わせ