植物の生息地域特化の創出に関する研究

keywords.jpg植物生態学 熱帯生態学 森林生態学 

山田 俊弘 

TOSHIHIRO YAMADA

division.jpg総合科学研究科 総合科学専攻 環境自然科学

position.jpg准教授

研究概要

研究の背景

熱帯林の面積は急速に減少しています。これに伴い、私たちが熱帯林から受けている生態系機能サービスも減少しています。

研究内容

1.熱帯林の減少を食い止めるための仕組みづくり
2.熱帯林での生物多様性やその保護に関する研究

成果

熱帯林の生物多様性の維持に関して、生息地間の種子の交換が重要であることを見つけました。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

熱帯生態系の劣化防止策を国策に取り入れていただきたいと思っている。

detailsubtitle3.jpg

①Yamada, T, S. Aiba, Y. Kubota, K. Okubo, I. Miyata, E. Suzuki, H. Maenaka, M. Nagano. Dynamics of species diversity in a Japanese warm-temperate secondary forest. Ecosphere 2:art80. 2011
②Zuidema, P., Yamada, T., Itoh, A., Yamakura, T., Ohkubo, T., Kanzaki, M., Tan, S., Ashton, P.S., Recruitment subsidies support tree subpopulations in non-preferred tropical forest habitats, Journal of Ecology, 98, 636-644. 2010

1) Yamada, T., Yamada, Y., Okuda, T., Flecher, C. Soil-related variations in the population dynamics of six dipterocarp tree species with strong habitat preferences. Oecologia, 172, 713-724, 2013.

2) Yamada, T., Hosaka, T., Okuda, T., Kassim, Abu. R. Effects of 50 years of selective logging on demography of trees in a Malaysian lowland forest. Forest Ecology and Management, 310, 531-538, 2013.

お問い合わせ