古建築の保存・修理・活用、伝統的建造物の復元

keywords.jpg古建築,社寺建築,文化財,城郭,修理 

三浦 正幸 

MASAYUKI MIURA

division.jpg文学研究科 人文学専攻 地表圏システム学講座・文化財学分野

position.jpg教授

研究概要

研究内容

近年,史跡や重要文化財に指定される伝統的建築物を見直し,その優れた価値に目を向けることへの意義が唱えられており,その保存や修理のみならず,復元や活用が盛んに行われている。
 しかし,これらを実行する場合には,現在の土木や建築技術に関する技術・知識だけでは不十分であり,保存・修理などの対象となる建築物に関して,歴史的・文化的背景やその時代の工法などの知見が必要である。
 これらを欠いたまま伝統的建築物を解体,修理,保存などを行うと,当初の目的とは逆行し,危険であるのみならず,歴史的・文化的価値の破壊につながる可能性がある。過去に実施された中には,残念ながら,これに該当するケースが少なからず存在する。
 当研究室では,この伝統的建築物(特に,古建築)の構造や形態上の特性,そして工法などについて,歴史的・学術的に解析し,多くの成果が蓄積されている。これらの成果に基づいて,伝統的建築物の文化財としての価値を損なうことなく,保存・修理などのトータル的な実地指導が可能である。
 我々は,伝統的建築物等を正確に,かつ,破壊することなく,保存・修理・復元,そして活用するための実地指導やコンサルティングを行い,貴重な文化資産を後世に伝えていきたい。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

知見の提供,調査,コンサルティング,技術指導が可能である。

お問い合わせ